ジャノメミシン修理(メモリア5002)

2008.09.10.Wed.20:56


ランプは点くがウンともスンとも…
そんな不具合のある媒体を送って頂きました。
メモリアはメモリークラフト6000&6500の原型モデルともいえ
初のコンピューターミシンといわれております。

不動原因は基盤のようでして
交換しただけでサクッと動くようになりました!
ただ、、動くし、綺麗に縫えるようなのですが
何となく…何となく…
どこか新品時の動きとは違うような(汗)

結構高頻度でご使用なされていた媒体のようでして
内部のホコリの量、内釜や針板には使用傷がございますが…
OHの甲斐もあって、動きはスムーズで軽いです。

メモリア、、性能的に良いミシンだと思いますが
いかんせん重いし、無意味?に大きい気がします~(笑)

ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
ミシン