ブラザーミシン修理(LISERE)

2008.08.30.Sat.10:39


針を折った以降
何度繰り返しても上糸が下釜に絡み縫えない。
↑そんな不具合のあるようでして
OHも兼ねて修理の依頼を頂き送って下さいました。

糸絡みの原因は…
内釜のド派手?な傷でした~(笑)
ここまでの傷は久々かもしれません。
これでは糸が抜ける抜けないの問題ではないですね。
内釜が釜止めを飛び越えてしまったからの傷なのですが
釜止めの位置が浅い…という事もありますが
ヒューマンエラー絡みの臭いもプンプン致します(笑)

分解画像を撮り忘れてしまったのですが(汗)
本体内部のホコリも凄く
返し縫いレバーが油切れで作動せずに
返し縫いできない状態でした。

モデルにもよりますし
使用頻度にもよりますが…
あまり使用していなくても
オーバーホール(OH)は3~5年サイクルくらいで行なうと良いです。

ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
ミシン