ブラザーミシン(SENSIA307)OH修理。

2008.07.30.Wed.18:36


プーリーが廻らなくなってしまった…。
そんな不具合があるミシンを
色々な原因を想定しながら送って頂きました。

原因は、やはり…タイミングのズレによる事でして
詳しい事は今現在ご依頼者様に伺っている最中なのですが
内釜止めもガタガタ緩んでいる状態ですし
タイミングも丸っきり狂っていて
針棒の前後の位置までも大きくズレているので
それなりの負荷が掛かっていたはずです。

ただ、不幸中の幸い?なのが…
普通、こんな状態になってしまうと
内釜は傷だらけで針で穴を開けてしまう事が多いのですが
殆ど無傷に近い状態だった事です。
その他にも交換しないとならない部品もなく
OHで完治させる事ができそうです~!

ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
ミシン