FC2ブログ

0 Comments


このシリーズでは9000型のネタは
過去に何度もネタに書かせて頂きましたが
8000型シリーズのネタは…初めてだったような気が致します。

このシリーズのウイークポイントである
針棒周辺のゴムが劣化すると
針折れなどの不具合が出てしまい
今回も「針が下りないし、折れるし、縫えないし」
という事でございましたので
↑のゴム対策と通常のOHで完治できるだろうと思い
送って頂いたのですが…
ゴムはダメダメでしたが、それ以外に
針棒に付いている模様縫い時などに作動する
切り替えパーツが変形し、
しかもボルトがポッキリ折れてしまっていて
結局、針棒周辺をASSYで取り外し
パーツ交換&OH対応をしております。

簡単そうに見えるかもしれませんが
針棒を外すのって…非常に大変なんです~(汗)

ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


スポンサーサイト
tetetta
Posted bytetetta

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。