シンガー職業用ミシン(LW103)OH修理。

2008.07.09.Wed.19:12


長年使用していなく
糸調子のお皿が錆びてしまったり
糸立て棒が破損してしまったという事もあり
OH修理のご依頼を頂き、送って頂きました。

分解画像はお撮りしなかったのですが
糸調子ダイヤルの画像で
お皿の錆び具合が光の影で分かり難いのですが
かな~り錆び錆びでございまして(汗)
当初、研磨して対処しようと思っていましたが
ストック部品がありましたので交換してしまいました。

糸立て棒もプラスチックカバーの爪が割れてしまっていたので
カバーごと交換させて頂きました。

このシリーズは、多少動作音が高いモデルでもありまして
他モデルと比較しないと、こういった事はわからないので
ご依頼者様にご説明させて頂きましても
???状態のようでしたが(笑)
このモデルは電圧?といいましょうか、
電気系統のトラブルも見られるモデルで
その関係もあって駆動ロスから
動作音が大きくなってしまう事もあるようです。
もちろん今までの使用状況や頻度、保管状況など、
個体差が大きく関係している事なのですが。

それでも、糸調子の方は綺麗に出ており
錆びたお皿の時よりも数段良くなっているはずですので
気に入って頂ける事でしょう!

ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
ミシン