0 Comments


2台共にSINGERミシンで
糸調子に不具合の有るアプリコット9700と
ガッチガチに不動になってしまったフィットライン6280の
修理依頼を頂きました!

まず、フィットラインの方ですが…
今までかなりガンガンご使用になられたそうでして
過去に同じようなネタを書かせて頂きましたが
油切れによる固着、軽い焼き付き?のようなものでして
分解してOHをすれば見事にスムーズに動くようになります!
分解中の画像を撮影しお見せしなければならないところですが
このミシンを分解している最中に電話が入ってしまいまして
電話中に撮影した事をスッカリ忘れてしまい
PCへ画像落とそうと思いましたら
分解中画像が無かった…(汗)
という事で、右下の本体画像しかございません。。。

アプリコットの方ですが
最初は不具合が出ず、困っていたのですが
「症状が出たり出なかったり」という事でして
速度や縫い目、糸の掛け直し後に症状が出る事も…
という事で、とりあえずOHをしてみようと思い
分解し、内部を眺めていたのですが…
自動糸調子機の糸を送るローラーが
動いたり動かなかったりしているではないですか~!!!
で、、回転させるギヤが割れたりしているのかな?
と思って分解してみても…特に問題は無し。
とりあえず、自動糸調子機自体を軽くOHして組み立て
その後、本体をOHしてから試し縫いしてみますと…
今までは不具合が出ると完全に上糸が攣れてしまったのですが
全く問題なく綺麗に縫ってくれるようになりました。

不具合原因が、この自動糸調子機だという事は判明しましたが
ローラーが動かなかった原因がわかりません(汗)
活字でご説明するのは難しいのですが
物理的にローラーが回転しない方がオカシイ状況でして…。
本来ならば交換してしまいたいところですが
事前にお伺いしております修理予算の関係もございますし、
現状では一切問題がない事からも…
このままもう少し様子を見させて頂く事に致します。


ミシン修理&ミシン販売の事なら
『tetettaみしん工房』↓
http://www.tetetta.com/

スポンサーサイト
tetetta
Posted bytetetta

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply